サンマのポーポー焼のワークショップ講義をしてきました

こんにちは!
先日、東洋大学の学生が水産における研修プログラムで二日間いらしてまして、
[漁業の現状発信と東京での水産加工品の販売]のワークショップ講師として指名いただき講義してきました。


photo @ma1121ma

古滝屋里見さん、りんごちゃんの講義の後でしたので、食べて考えよう!とばかりにポーポー焼きを目の前で焼いて、たくさんのスパイスやソースの味付けで楽しんで食べてもらい、最終的に「私が売りたいポーポー焼」なるシートに、アイデアを落とし込むといった講義です。


photo @kanon1325

30人それぞれが考えたシートは、本当に様々で、巨大化、甘いスイーツ化などアイデアたくさんで本当に楽しかったし、私自身が良い刺激を受けました。
参加してくれた皆様に感謝しております。



この講義には「実は」な想いがあって、このようなワークショップに至りました。
私自身が福島の水産業をデカく、大きく動かすこと、流通や商品開発で大きな実績を残すことは可能性低いですが、
年齢や実績に関係なく、人ひとりができるチャンスはいーっぱいあって、
皆んなでポジティブ(ここ大事!!)にアイデアを出しあって、
実行部隊が実際にアクションをすれば「きっと世の中は変わる」ってことが、
このワークショップで伝えたかった真意です。
 
改めて、非常にいい経験をさせていただきました。
またこのようなお誘いがあったらチャレンジしたいし、広げたいなとも思っています。
 
ワークショップ、講義、ポーポー料理教室など近隣、遠方問わず受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です